» 未分類のブログ記事

車を手放さなければならない状況において、その車の年式が古かったり、過走行であったり、事故車であったりすると廃車にするという選択が迫られるかもしれません。
その際にどれぐらいの費用がかかるのかを知っておくことは大切です。
まず基本的にかかるのは自動車リサイクル料と解体費と抹消登録費の三つになります。
2005年から始まったリサイクル料はそれぞれの車種や大きさなどによって異なりますが、基本的には軽自動車で8,000円、普通自動車で10,000円、大型車で15,000円となります。しかしながらエアバッグ等の装備状況や国産か外車かなどによっても異なってきます。
更に解体費にかかる金額としては解体業者に依頼するなら相場としては10,000円前後となります。また自走できずに引取りを依頼するなら2,3万円ほどかかってしまいます。しかし、業者によっては無料になったりキャッシュバックされるところもあります。なぜなら業者としては部品取りができたり、鉄くず代としての収益が得られるからです。
そして抹消登録のための手続きのためのお金もかかります。自分で行うなら、印紙代の350円が必要になります。
このように車を捨てるにも意外とお金がかかる事になることになります。

自分の車の年式が古くなったり、過走行になったり、事故車になったりすると、車を手放す選択をすることになるかもしれませんが、そうした場合でもまずは買取業者が買取してくれないかどうかその可能性を検討することは優先すべきことです。
しかしながら、そうした段階を踏んでも買い取ってもらえない場合は車を処分することを考えなければなりません。
実際に抹消登録するための流れはまず、必要書類を揃える必要があります。車検証、ナンバープレート前後2枚、実印、印鑑証明書、自動車リサイクル券、「解体に係る移動報告番号」と「解体報告記録日」、抹消登録申請書が必要になります。
次の段階は解体業者に解体をしてもらい、解体報告記録がなされた日をメモしておきます。
そして必要書類をもって陸運支局で手続きを行います。そして、申請記録に必要事項を記入し、ナンバープレートを提出すると、手続きは完了となります。
しかしながら、廃車のためにはこのようないろいろな段階を踏まなければなりませんし、多くの時間を要してしまいますので、一括して業者に依頼してお任せするというのも一つの選択肢であるといます。状況にあった選択を行い車の処分をスムーズに行えるよにしたいものです。

基本的にはいずれも自分の車を買い取ってもらうことですが、どこに売るのかに違いが出てくるのです。まず下取りというのは、新車を購入する際にトヨタやホンダといったディーラーにこれまで乗っていた車を引き取ってもらうことを言います。この時引き取ってもらう価格を新車購入代金から引いてもらうことで安く新車を購入することができます。実際にこれは新車の値引き交渉の後にさらに差し引かれる金額であることから、大きな額の値引きをしてもらったような錯覚に陥りやすいのですが、買取業者に売却する場合よりも低い金額でディーラーに買取られる場合が多いのです。次に買取りについてですが、これは今の出てきた買取業者、つまり車を買い取ることを専門とした業者に車を買い取ってもらうということです。この場合は特に新車を購入するということは関係なく、単に中古車を買い取ってもらうということだけです。買取業者は買取ることが本業です。ディーラーは新車を売ることが本業で車を買取ることはあくまでサービスの一環として行っていることです。このため、買取価格に差が付くのです。買取業者というのは車が買い取れないと商売になりませんからその分買取りにも力を入れているのです。このため一般的に買取業者のほうが高く売れると言われているのです。

車を長年愛用してきても、サヨナラをする時がきます。
その時に、車を下取りするにしましても、売る場合にしましても手続きが必要になります。
手続きは軽自動車の場合と、普通自動車の場合により、必要書類が違ってきます。
軽自動車の場合は、1)車検証、常に車に携帯することが義務づけられています。紛失の場合は運輸局で再発行をします。2)自賠責保険の証明書、3)自動車税の納税証明書、4)リサイクル券、5)認印等です。
普通車の場合は、1)車検証、2)自賠責保険の証明書、強制加入の証明書、3)自動車税の納税証明書、売却時に買取店に渡すことになっています。4)リサイクル券、リサイクル料金を預託している場合は、それを証明するリサイクル券が必要で、紛失の場合は、自動車リサイクル料金の預託状況をプリントアウトすることで代替します。5)印鑑証明、6)実印、7)譲渡証明書、車を譲渡することを証明する書類です。8)委任状が必要になります。
印鑑証明は基本的には発効後3か月以内のものが1通必要ですが、手続きが遅れる可能性があるので、出来るだけ新しいものを提出する必要があります。
又、余分に発行しておくことが良いと思います。
又、車検証に記載された住所と印鑑証明書の住所が違う場合は、住民票が必要になりますので、引っ越しをされた場合は、車検証も住所変更をされて置くことが必要です。

 

自動車を買い替えた場合、前に乗っていた車は大抵の場合、乗らなくなるでしょう。その場合、どのようにして処分すればよいのでしょうか。そのまま家に持っている状態でいると、複数台所有していることになり、税金がかかってきてしまいます。
方法としては色々とありますが、まずは、最も多いものとしては下取りです。これは、車を買い替えする時に、新しい車が納車された時点で、古い車を業者に引き取ってもらう形です。このメリットとしては、新しい車が納車される当日まで古い車に乗っていられるということです。デメリットとしては、古い車につけられる価格が比較的低くなってしまう可能性が高いということです。
もうひとつの方法は買取りです。中古車販売業者などに車を買い取ってもらう方法で、こちらはインターネットで一括見積もりなども出来ますし、相見積もりもとることが出来るので、メリットとしては比較的高めの値段で車を売却することが出来るということです。デメリットは、新しい車が納車されるまでに古い車を売ってしまうことが多いので、しばらく手元に車がなく不便な思いをする可能性があるということでしょう。
このように、自動車を買い替えた場合、古い車の処分方法は色々とあります。

自動車を買い替えることはとても大きな金額を用意することでもありますし、慎重に考えるべきことでもあります。しかし、一方で車を買い替えることはとても楽しいことでしょう。では、車を買い替える平均年数はどれぐらいなのでしょうか。
以前は6年程度で買い替える人が多かったのですが、最近では8年程度で買い替える人がとても多くなってきました。しかし、この8年とは、自動車の査定がゼロになる時期と重なっているのです。そのため、新車に買い替える時に下取りに出した車は、8年目の場合は査定額ゼロになってしまう可能性があります。しかし、3年縮めて5年の車検前に買い替えをすることができれば、下取り額は新車であった時の価格よりはもちろん下がりますが、それでも金額は出ます。それを頭金として新しい車を購入することが出来るでしょう。また、この場合、乗り換える車は頭金とローンを足して5年で十分買えせる範囲のものにしておくことが大切です。そのように車を選んでおけば、また5年後にお得に車を買い替えることが出来るためです。
もしも8年を超えて乗る場合は、乗りつぶすつもりで長い年月を乗った方が得になります。5年以内に買い替えをしないのであれば、今の車を長く大切に乗っていくようにしましょう。

車の買い替え時に必要な書類というのは大変多いです。きちんと準備されていない状態では手続きに時間がかかってしまいますし、何回もお店に行かなくてはいかなくなってしまいます。まず車検証や自賠責保険の証書や自動車税の納税証明書は非常に大事なもので、完全に用意しておかないといけません。特に納税を忘れていたりした場合は確実に支払いを完了させて、控えをとっておくことが大事です。車検証や自賠責保険の証書は必ず手元にありますから問題ないです。排気量が250CC以下の場合は車検証は必要なくなってくるのでバイクの場合は必要ありません。譲渡証明書や委任状というものも必要になってきますが、これらはお店のほうで準備するものなので個人で用意する必要はありません。そしてこれらの書類に押印するために必要なものが、印鑑証明と実印になります。印鑑証明と実印は契約者本人のものが必要ですから、契約の際にはきちんと準備しておくことが大事です。また場合によっては住民票が必要な場合もあります。住民票は車検証と現住所が違う場合に必要なものですから、現住所と一致している場合は必要ありません。これらの必要書類をきちんと揃えておくことですばやい手続きが可能になります。

車を買い替える最適なタイミングというのは、季節や需要によるタイミングやその時欲しい車種がある等、人によってそれぞれですが、大体、走行距離が10万キロを超える、車検が切れる時期が迫ってくる、というタイミングで買い替えを考える人が多いようです。走行距離は、車の状態を確認する上での判断材料として見られる場合が多く、中古車を購入する目安としてもよく見られるポイントです。このようなイメージからか10万キロ以上になると一般的に査定額も下がってしまいます。車を維持する上でもタイミングベルトを交換する等、10万キロを堺に様々な部品を交換していく傾向にあります。このため、部品交換で大きな出費になるとわかった場合は、そのタイミングで買い替えをする人も多いのです。たとえ部品交換してその後に買い替えたとしても、部品交換に費やした費用に見合った価格で前の車を買取してもらえることはないので、部品交換する前に買い替える方が総合的にコストパフォーマンスが高い可能性があるのです。また実際に買い替えを行うタイミングですが、一番ベストなのは3月となります。これはなぜかと言いますと、4月は、就職、転勤、通学等、新生活が始まるタイミングと重なるため、】車の需要が一気に高まり、車を買い替えるとより高く車を購入することになるからです。また自動車税も4月1日になると車の所有者に請求が来るのでタイミングを間違うと前の車と購入した車のダブルで税金を支払う必要性が生じてしまいます。このため車を購入するタイミングは3月がベストなのです。

乗り換える車の上手な選び方を教えます。まずは、何を目的とするかを確認します。お子さんが生まれるなど家族が、つまり乗車人数が増えるため。仕事の都合でトランクなど荷物スペースを多く取りたいため。仕事だけでなく、レジャーにも使えるような車が欲しいなどですね。

具体例を少し挙げてみます。

お子さんが増えるために欲しいという場合は、何をおいても、車の安全性に着目して選びましょう。幼いお子さんの場合は、シートベルトだけでなくチャイルドシードも付いているかは重要なポイントです。エアバッグなど、安全装備の有無も確認したほうが良いでしょう。また、機能としては開くタイプよりスライドタイプのドアが便利です。狭いスペースでの乗降はもちろん、お子さんを抱えている場合も簡単に乗降できます。

荷物スペースが欲しい場合は、ミニバンや軽自動車など、スペースが広めに設計されている車が良いようです。荷物を乗せて走る時間、距離などで車によって差が出てきますので、詳しい用途を考えておきましょう。そして、荷物が大きいものである場合は、後部座席を倒せるタイプの車にも注目です。後部座席すべてを荷物スペースにすることで、より大きい荷物や、量も多くつみこむことが可能になるのです。