基本的にはいずれも自分の車を買い取ってもらうことですが、どこに売るのかに違いが出てくるのです。まず下取りというのは、新車を購入する際にトヨタやホンダといったディーラーにこれまで乗っていた車を引き取ってもらうことを言います。この時引き取ってもらう価格を新車購入代金から引いてもらうことで安く新車を購入することができます。実際にこれは新車の値引き交渉の後にさらに差し引かれる金額であることから、大きな額の値引きをしてもらったような錯覚に陥りやすいのですが、買取業者に売却する場合よりも低い金額でディーラーに買取られる場合が多いのです。次に買取りについてですが、これは今の出てきた買取業者、つまり車を買い取ることを専門とした業者に車を買い取ってもらうということです。この場合は特に新車を購入するということは関係なく、単に中古車を買い取ってもらうということだけです。買取業者は買取ることが本業です。ディーラーは新車を売ることが本業で車を買取ることはあくまでサービスの一環として行っていることです。このため、買取価格に差が付くのです。買取業者というのは車が買い取れないと商売になりませんからその分買取りにも力を入れているのです。このため一般的に買取業者のほうが高く売れると言われているのです。