車を手放さなければならない状況において、その車の年式が古かったり、過走行であったり、事故車であったりすると廃車にするという選択が迫られるかもしれません。
その際にどれぐらいの費用がかかるのかを知っておくことは大切です。
まず基本的にかかるのは自動車リサイクル料と解体費と抹消登録費の三つになります。
2005年から始まったリサイクル料はそれぞれの車種や大きさなどによって異なりますが、基本的には軽自動車で8,000円、普通自動車で10,000円、大型車で15,000円となります。しかしながらエアバッグ等の装備状況や国産か外車かなどによっても異なってきます。
更に解体費にかかる金額としては解体業者に依頼するなら相場としては10,000円前後となります。また自走できずに引取りを依頼するなら2,3万円ほどかかってしまいます。しかし、業者によっては無料になったりキャッシュバックされるところもあります。なぜなら業者としては部品取りができたり、鉄くず代としての収益が得られるからです。
そして抹消登録のための手続きのためのお金もかかります。自分で行うなら、印紙代の350円が必要になります。
このように車を捨てるにも意外とお金がかかる事になることになります。