自動車を買い替えた場合、前に乗っていた車は大抵の場合、乗らなくなるでしょう。その場合、どのようにして処分すればよいのでしょうか。そのまま家に持っている状態でいると、複数台所有していることになり、税金がかかってきてしまいます。
方法としては色々とありますが、まずは、最も多いものとしては下取りです。これは、車を買い替えする時に、新しい車が納車された時点で、古い車を業者に引き取ってもらう形です。このメリットとしては、新しい車が納車される当日まで古い車に乗っていられるということです。デメリットとしては、古い車につけられる価格が比較的低くなってしまう可能性が高いということです。
もうひとつの方法は買取りです。中古車販売業者などに車を買い取ってもらう方法で、こちらはインターネットで一括見積もりなども出来ますし、相見積もりもとることが出来るので、メリットとしては比較的高めの値段で車を売却することが出来るということです。デメリットは、新しい車が納車されるまでに古い車を売ってしまうことが多いので、しばらく手元に車がなく不便な思いをする可能性があるということでしょう。
このように、自動車を買い替えた場合、古い車の処分方法は色々とあります。