自分の車の年式が古くなったり、過走行になったり、事故車になったりすると、車を手放す選択をすることになるかもしれませんが、そうした場合でもまずは買取業者が買取してくれないかどうかその可能性を検討することは優先すべきことです。
しかしながら、そうした段階を踏んでも買い取ってもらえない場合は車を処分することを考えなければなりません。
実際に抹消登録するための流れはまず、必要書類を揃える必要があります。車検証、ナンバープレート前後2枚、実印、印鑑証明書、自動車リサイクル券、「解体に係る移動報告番号」と「解体報告記録日」、抹消登録申請書が必要になります。
次の段階は解体業者に解体をしてもらい、解体報告記録がなされた日をメモしておきます。
そして必要書類をもって陸運支局で手続きを行います。そして、申請記録に必要事項を記入し、ナンバープレートを提出すると、手続きは完了となります。
しかしながら、廃車のためにはこのようないろいろな段階を踏まなければなりませんし、多くの時間を要してしまいますので、一括して業者に依頼してお任せするというのも一つの選択肢であるといます。状況にあった選択を行い車の処分をスムーズに行えるよにしたいものです。