車の買い替え時に必要な書類というのは大変多いです。きちんと準備されていない状態では手続きに時間がかかってしまいますし、何回もお店に行かなくてはいかなくなってしまいます。まず車検証や自賠責保険の証書や自動車税の納税証明書は非常に大事なもので、完全に用意しておかないといけません。特に納税を忘れていたりした場合は確実に支払いを完了させて、控えをとっておくことが大事です。車検証や自賠責保険の証書は必ず手元にありますから問題ないです。排気量が250CC以下の場合は車検証は必要なくなってくるのでバイクの場合は必要ありません。譲渡証明書や委任状というものも必要になってきますが、これらはお店のほうで準備するものなので個人で用意する必要はありません。そしてこれらの書類に押印するために必要なものが、印鑑証明と実印になります。印鑑証明と実印は契約者本人のものが必要ですから、契約の際にはきちんと準備しておくことが大事です。また場合によっては住民票が必要な場合もあります。住民票は車検証と現住所が違う場合に必要なものですから、現住所と一致している場合は必要ありません。これらの必要書類をきちんと揃えておくことですばやい手続きが可能になります。