車を買い替える最適なタイミングというのは、季節や需要によるタイミングやその時欲しい車種がある等、人によってそれぞれですが、大体、走行距離が10万キロを超える、車検が切れる時期が迫ってくる、というタイミングで買い替えを考える人が多いようです。走行距離は、車の状態を確認する上での判断材料として見られる場合が多く、中古車を購入する目安としてもよく見られるポイントです。このようなイメージからか10万キロ以上になると一般的に査定額も下がってしまいます。車を維持する上でもタイミングベルトを交換する等、10万キロを堺に様々な部品を交換していく傾向にあります。このため、部品交換で大きな出費になるとわかった場合は、そのタイミングで買い替えをする人も多いのです。たとえ部品交換してその後に買い替えたとしても、部品交換に費やした費用に見合った価格で前の車を買取してもらえることはないので、部品交換する前に買い替える方が総合的にコストパフォーマンスが高い可能性があるのです。また実際に買い替えを行うタイミングですが、一番ベストなのは3月となります。これはなぜかと言いますと、4月は、就職、転勤、通学等、新生活が始まるタイミングと重なるため、】車の需要が一気に高まり、車を買い替えるとより高く車を購入することになるからです。また自動車税も4月1日になると車の所有者に請求が来るのでタイミングを間違うと前の車と購入した車のダブルで税金を支払う必要性が生じてしまいます。このため車を購入するタイミングは3月がベストなのです。