車を長年愛用してきても、サヨナラをする時がきます。
その時に、車を下取りするにしましても、売る場合にしましても手続きが必要になります。
手続きは軽自動車の場合と、普通自動車の場合により、必要書類が違ってきます。
軽自動車の場合は、1)車検証、常に車に携帯することが義務づけられています。紛失の場合は運輸局で再発行をします。2)自賠責保険の証明書、3)自動車税の納税証明書、4)リサイクル券、5)認印等です。
普通車の場合は、1)車検証、2)自賠責保険の証明書、強制加入の証明書、3)自動車税の納税証明書、売却時に買取店に渡すことになっています。4)リサイクル券、リサイクル料金を預託している場合は、それを証明するリサイクル券が必要で、紛失の場合は、自動車リサイクル料金の預託状況をプリントアウトすることで代替します。5)印鑑証明、6)実印、7)譲渡証明書、車を譲渡することを証明する書類です。8)委任状が必要になります。
印鑑証明は基本的には発効後3か月以内のものが1通必要ですが、手続きが遅れる可能性があるので、出来るだけ新しいものを提出する必要があります。
又、余分に発行しておくことが良いと思います。
又、車検証に記載された住所と印鑑証明書の住所が違う場合は、住民票が必要になりますので、引っ越しをされた場合は、車検証も住所変更をされて置くことが必要です。