自動車を買い替えることはとても大きな金額を用意することでもありますし、慎重に考えるべきことでもあります。しかし、一方で車を買い替えることはとても楽しいことでしょう。では、車を買い替える平均年数はどれぐらいなのでしょうか。
以前は6年程度で買い替える人が多かったのですが、最近では8年程度で買い替える人がとても多くなってきました。しかし、この8年とは、自動車の査定がゼロになる時期と重なっているのです。そのため、新車に買い替える時に下取りに出した車は、8年目の場合は査定額ゼロになってしまう可能性があります。しかし、3年縮めて5年の車検前に買い替えをすることができれば、下取り額は新車であった時の価格よりはもちろん下がりますが、それでも金額は出ます。それを頭金として新しい車を購入することが出来るでしょう。また、この場合、乗り換える車は頭金とローンを足して5年で十分買えせる範囲のものにしておくことが大切です。そのように車を選んでおけば、また5年後にお得に車を買い替えることが出来るためです。
もしも8年を超えて乗る場合は、乗りつぶすつもりで長い年月を乗った方が得になります。5年以内に買い替えをしないのであれば、今の車を長く大切に乗っていくようにしましょう。